人はそれぞれ生まれながらにして「骨格」を持っています。
シンプルな服が似合うひと。
シンプルな服が地味に見える人。
フリルの服をきても、年齢を重ねても、無理してるように見えない人。
野暮ったくみえる、なんとなくしっくりこないといった違和感は自分とは合わない骨格をしているため似合わない服を着ることで生まれてしまいます。
つまり、オシャレに洋服を着こなすためには、「自分の骨格を知ることが大切!」なのです。

骨格診断とは

骨格診断とは、持って生まれた身体の質感(ハリがある、柔らかい)やラインの特徴から、自分自身の体型を最も綺麗に見せるデザインと素材を知る方法です。

太っている、痩せている、年齢、身長などは関係ありません。
(太り方、痩せ方は骨格タイプによって異なります)
どんな人でも自分に似合うデザインと素材を知ることができファッションでスタイルアップができます。

骨格診断のメリット

  • 垢抜けた印象になる
  • 着痩せして見える
  • スタイルアップして見える
  • 自分に似合う素材がある事がわかる
  • プチプラで格好良くきこなせる
  • 本来の魅力が引き出される

骨格タイプ別特徴

骨格診断結果は「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3つのタイプに分かれます。
それぞれ似合うファッションテイスト、形、素材、アクセサリー、ジュエリー、バック、靴、時計、ベルト、ヘアメイクまで幅広いアイテムがわかります。

ストレートタイプ

上重心から太ももまでは、ボリューミーですが、膝下はすっきりしているのが特徴。
体全体にメリハリがあるので、ぽっちゃりに見えがちなのがストレートタイプ
身体にハリがある

似合う服とは…

トップスもボトムもジャストサイズのものを選ぶこと。
デコルテがあいているデザインをセレクト。
特に前開きのVのデザインはデコルテをすっきり首を長くみせてくれます。

ウェーブタイプ

上半身が薄く、首が長め、ウエストも細いですが、足が短く下半身にボリュームがつきやすいのが特徴。
しっとりしていて柔らかな質感。
二の腕や太ももにハリがなく、プニュプニュしている。

似合う服とは…

肉感のない上半身が寂しく見える時は足し算スタイルで巻き物を足したり、胸元にディテールのあるトップスを着るのがおすすめ。
胸元に華やかに盛ることが大切。
シャツよりもブラウスで柔らかい素材が似合うタイプ。
バストと腰位置が低いため、服を着た時に重心が下がりやすくなるため、ベルトやハイウエストのパンツでウエストを強調したり、目線を上に集めるといったバランスを作る事がポイント。

ナチュラルタイプ

関節が大きく、骨格がしっかりしているのが特徴。肉感がないのが長所ですが、男性的に見えがちな短所も。
全体的に四角いフレーム感。
太るとぽっちゃりではなくガタイがよく見えてしまう印象に。

似合う服とは…

ラフでカジュアルがキーワード!
オーバーサイズで着崩してつくるスタイル。
スカートを履く時は膝が隠れる丈をセレクトする方が女性らしさが際立ちます。
ファッションの特徴は、デニム全般や、マキシワンピ、ワイドパンツが似合う。
麻や、コットン、コーデュロイ、ウールなどの天然素材の厚みのある素材がおすすめ。